上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
我が家の長女おいもあい

090531_215036_ed.jpg


おいもはすごいんです。
「どこでもいつでも」寝れる技を持っています吹き出し
病院の待合室や診察台、足元でも数秒目を離すと寝てます。
そして車の中では枕になりそうな高さを探し、顎をのっけて寝ます。
今日の画像はNEWバージョンですにっこり
ソファーを枕にこの通り。

090531_215115_ed.jpg


撮影開始にもかかわらず、マイワールドに入っておられますあーす
ほれほれこんな感じ♪

090531_215227_ed.jpg


おいもはフレンチという犬種でも、性格はかなりおっとりさんです。
寝る時はもちろんのこと、食べる時も、散歩も、自分のペースで他の仔とも争ったりやケンカをしたり
という事がありません。
おいもも子供を産む大役を果たした仔で、何もかもが初めての経験だったはずですが、
母ちゃんは何も苦労した事がありません。
色んな人に「こんなタイプのフレンチはめずらしいですよね」と言われます。
そんなおいもも明日で8歳。
いつまでもこんな可愛いおいもを見ていたいから、おいもの性格を壊す事なく頑張って守っていきたい
と思います。

そして我が家のこ兄あい

090531_220400_ed.jpg


めんこを枕に睡眠中です吹き出し(これはめんこの毛づくろいをした
直後です・笑)
こぼんずのず~ず~しさは天下一品ひひひ
誰かをケツ枕にしようと日々狙っています・笑。

090531_220453_ed.jpg


「めんこはオンナなのにマッチョだからちょっと硬いんだよな~」って思っているんでしょうな・笑。
こ兄ちゃんのお気に入りはぶ~くん、おいもにゴリのおケツです・笑。
スポンサーサイト
2009.05.31 / Top↑
昨日の事。
おにくの検査日。
バベシア病を患っている為、日頃の観察はかかせません。
尿の色、目やほっぺの裏の色、血尿だったり色が濃かったり、目やほっぺの青白い時には
貧血や再発を疑わなければなりません。

そしてその検査の結果、またもや数値が下がっていて、注射を始めなければならなくなってしまい
ました。
最近不安なのは色や元気はあるように見えても、実際に検査をしてみると立っていられるのが不思議
だという程の貧血だったり、
逆に数値はほどほどの時に青白かったり・・・。
今までの注射はガナゼック体重1キロあたり2,5ミリを1日おきに3回としていました。
それに抗生剤は毎日投与です。
小脳に起こる副作用にもこれ以上にないほど気を使い、室内の温度を一定に保つ事やご飯にも、
完治は無理な病気ならせめてキャリアで、
そして再発頻度が少しでも長くなるようにと願う毎日です。
しかし、バベシアは最近、短期間で再発してしまう事が見られた為、
昨日からガナゼックの量を3ミリに増やす結論を出しました。
そして病院から帰ってきてから、ソファーの背もたれに左の目の上と左後ろ足を、体をくの字にさせ
擦る仕草が見受けられ、最悪が頭をよぎりました。
結果は母ちゃんの早とちりでもありましたが、注射はかなり痛いはずだと先生。
それが原因で食欲がなくなったり、注射を打った箇所の痛みから擦ったり何んらかの行動で痛みを
示す仔もいるようです。
やはりおにくも昨日の夜と今日の朝はあまりご飯を口にしませんでした。
090530_202811_ed.jpg
夕方あたりからソファーでゴロゴロ気持ち良さそうにし、食欲も戻りつつ、また明日の注射を思うと
切なくなるのですが・・・
とにかく太って血を作る体をと先生と話し合い、フードに混ぜる事を決めた処方食の缶詰。
090530_203023_ed.jpg
おにくの体には日に5個が理想だそすですが、お値段441円。
先生はおにくの為に破格で提供してくれます。
5缶がさすがに無理ならフードの量で調節し、オデブになってもらわねばなりません。
血を作る時のエネルギーは犬にとって相当なものだそうです。
その力を使うがために体重が一時的に減る事もあるそうですが、もっかの悩みは口にする量と
体重増加がともなっていない事です。

と決めたやさき、実際にあげてみるとぜんぜん受け入れてくれないおにく。
ずっとささみやレバー、ラムに馬刺しなど、それに慣れてしまっているせいか残してしまいます。
それなのにドライフードは食される。
不思議なのか、毎日の習慣がおにくにできたからなのか・・・。
無理に口にさせるストレスより、おにくが1番望む物をと、ケージの中に皿2種類・・・
やはりフード&ささみとレバーにいきます。
本当は退院サポートの方が体に吸収されいいのはわかるのですが・・・。

母ちゃん、おにくの元飼い主が本当に憎いです。
どうしておにくをこんな目に合わせたのか、
おにくがそいつを今までどれだけ信じて生きてきたか、
子供を産むという命がけの仕事をし、おにくの役目が終ったにせよ、どうして余生をのんびり過ごさせよういう気にならなかったか、なぜ捨てたか。
せめて予防や駆除、そしてのんびり暮らせる里親探しの努力くらいはしてほしかった。
おにくを誰かにたくすという方法だってあったはず。
募集を出すとか聞いて歩くとか・・・
新しい家族を待つ仔なら、母ちゃんがまっさきに手を上げただろうと思う。
「保健所にいたブルドッグ」という出会いになる前に・・・。
母ちゃんはそんな出会いでもおにくに会えた事は運命だと思ってます。
でもおにくには捨てられてしまったという苦い経験は拭い去れない過去となってしまう。
その苦い思いをこれからどこまで母ちゃんは忘れさせてやれるか・・・

おにくはゴリとは性格は似ていません。
警戒心も強く、あまり犬を寄せ付けない仔です。短い間見てきて、そばに1番寄っていたのはゴリ
でした。
でもそれは時間と共に必ず母ちゃんがと思っています。

おにく、母ちゃんと兄ちゃん達とで、必ずお前も幸せにする。
だからお前もバベシアなんかやっつけて、みんなで笑おうぜ!
お前は病気に必ず勝つんだ!!
2009.05.30 / Top↑
ひじょ~に長くなります。
「このバカオンナ!」と思われる方、スルーして下さい。

今日午前0時に起こった出来事。

母ちゃんある宅急便の会社に怒鳴り込み電話。
その理由は夜中に自宅のチャイムが鳴りました。
母ちゃんのこのデカイ体でも、腰は痛て~し、数日ちょっと安静指令も出ている事情もあり、
でもわんずの世話だけは自分でと思っていますし、
特におにくの体調には神経過敏になっている最中、
「すいません、○○急便です・・・」
想像していただいて結構ですよ、走って集配配達をするあの会社です。

あ?
今何時なん?
じゅうにじじゃね~か?明けてるし・・・時計狂ってね~し。
ぶっちゃけましょう。
母ちゃん、寝る準備でおパンツ1丁でした。
何事かとジャージを穿いておそるおそる玄関に行きました。
(それも用心の為、血の気の多いめんこを抱いて・汗)
&少々鳥肌立ち気味。
「すいません、○○急便です」って言われたのもわんずの鳴き声で最初聞こえなかったんで、
物騒な事も頭に浮かぶのは人間当然なわけで・・・
でも数年前、パパさんとまだ夫婦だった頃、裏のアパートに空き巣が入って追っかけていた警察が
夜遅く訪ねて来たという事も過去あったし・・・
(そん時、何と母ちゃん家の横を横切って犯人は逃げたそうで、その音を聞いていたぼんずが吠えて
いた)
あと思いつく事と言えば、パパさんがパチンコで勝って何かおみやかなとか、
おばばが来たんかなとか・・・
とにかく色んな事が頭に浮かびました。

結果、その荷物、我が家の物じゃなかったんです。
母ちゃん家の住所の敷地内にはもう1件の家があります。
同じ大家さんちの貸家です(と言っても孫夫婦が住んでいる)
そちらへの荷物だったんですよ。
だから間違いは100歩譲っていいとしましょうや。

問題はこの時間です。

あの会社、そういう決まりや規則があって夜中に荷物を届けるなんて事をしてんでしょうね。
実は母ちゃん、この会社の用車(下請け会社)に数日いた事があって、
頭から湯気で辞めたんです。
その理由は「当日持った荷物は当日中に配達」というのが決まりでした。
何10件、100件近くの荷物を当たり前に運んでいれば当然ながら留守のお宅のあります。
そのお宅にも日に何回も行かなければならず、
途中不在通知表を入れて来たお宅からも連絡が入ったり、ましてや時間指定をされれば、1分遅れて
もすごい大事になります。
(今は機械が発達しているからごまかしが効かない)
そんな決まりもあり夜10時頃行ったお宅にも怒鳴られエライ目に合った事があります。
それで出来高1個80円です。
またぶっちゃけましょう。
夜遅くに伺う事は何ぼ仕事でも不謹慎なのはわかってます。
お客に怒鳴られ、何度も足を運び、それで1個80円じゃやってらんね~というのが母ちゃんの考え
でした。
(それでもちゃんとその仕事をこなしている方達はすばらしいと思いますよ)
怒鳴るお客さんの気持ちも良くわかります。
母ちゃん的には遅くても、8時9時が限界だと思ってます。

この会社、どうなんでしょ。
これでいいんでしょうか・・・
夜中にピンポン鳴らすのは平気なんでしょうか。
当たり前なんでしょうか。

担当者は言いました。
「現在、メール便なんかもありますんで、飲食店関係にお届けする為にもこの時間は動いているんです」

あ?時間に見合った商売の方達にはそれでいいかもしれませんよ。
ですけど、うちスナックでも居酒屋でもね~し・怒。
一応、一般住宅であって、普通の人間ですけど・・・(母ちゃんを変人だと言う人もいますがね)。

支店のお偉い相手に電話を変わらせ、事の経緯を話した時、
「後日ご挨拶に・・・」
いらねんだわ、そんなの・怒。
それが当たり前のやり方なら、事は重大になるし、謝るはずなんかないし、
常識が外れている事だとわかっているならなぜそんな事を社員にやらす?
一人が持つ量を減らすとか、応援を頼むとか、必要ならば規則を考え直すとか。
だってさ、夜中行っていい訳がないっしょ。

いや~、久々に頭から湯気でしたわ。
それぞれの家には良くも悪くも事情や常識があるって事を知らなきゃさ。
近所はその時間電気がついている家はほとんどなく・・・
(この辺、高齢世帯結構多いし)
母ちゃん家の電気がついていたから来たもんなのか・・・
運転手に文句言ったところでその人が悪いんじゃない。
内部事情をたまた母ちゃんが知っていた事、そしておそらくそれが会社のやり方なんだって事。
知っているから直接文句は言えない。
言う必要もない気がした。

よその家の荷物不在通知書もその会社今まで我が家に何通入れたか・・・
それもあえて言わせていただきました。
それは住所を間違った方の責任でしょ?
冷たいとかひどいとか言われるかもしれないけれど、毎度毎度じゃわざわざ電話賃かけて、
いらん事しゃべってなんて事はしたくない。
その辺ケツの穴の小さい母ちゃんなんですけど・汗。

あんな事は2度とあって困る事だと思いました。
皆さんもお気をつけになってくださいませ。
気にならないと思われる方、母ちゃんは尊敬します・・・
2009.05.30 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。