上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
母ちゃんがお手伝いさせていただいているふがふがれすきゅーくらぶでは、道内で優しい家族を
待っている仔達がいます。
ご検討いただける方はふがれす又は母ちゃんのメールフォーム、一時預かりメンバーさんへご連絡下さい。

ひよ吉67号・フォーン
道東地方にて預かり。
年齢10歳~去勢済。

うるうるしたおめめが可愛いべさ~?
まだまだ若いモンには負けてませんぜィ
2008_1018daikichi0020b.jpg


フーコ11号・ハニーパイド
札幌近郊にて預かり。
推定年齢5~7歳・避妊済み。

このブサ可愛い顔が「美」に見えたあなた・ブヒ中毒間違いなし
20091225_1354882.jpg
預かりメンバーさんブログ
今日の小虎にて画像や様子を
見る事ができます。

どの仔も預かりメンバーさんのお宅で大切にケア、生活をしております。
どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
2011.12.31 / Top↑
母ちゃん、只今職の復帰についていいセン考える毎日でして、わんずの世話をしながら考え、
交替でランに行っては考え、ビールを飲んでは考え、
寝る前にもちょっこら考え、ある所では「戻るって噂ホントか?」のメールが届いてはまた考え・・・

なので画像がありませんが・・・

小力についてのご報告です。


先日、病院で検査結果を聞いてきました。

その結果、カビは陰性になり、1番ひどかったところは完璧な毛の生え方ではないものの、
現段階では完治という結論でいいでしょうとの説明がありました。

これからは引き出した当時の身体に戻らないようにする為、シャンプーはまめに、そして清潔な状況を作り
過ごさせる事。
100パーセント再発がないとは言い切れないけれど、それは他の病気になっていたとしても同じ事。

今後は何かがない限り、通院の必要性はなくなりました。

これから小力に新しい家族を作ってあげたい。
お前だけを守ってくれる、優しい家族を・・・。

里親募集を開始したいと思います。

母ちゃんが希望する事をつらつらと・・・

小力は虐待を受けていた様子があります。
バリの中の掃除をしようとした時、母ちゃんの手が動く事に恐怖を感じ、自分の身を守ろうとした為に、
母ちゃんの腕を噛んだ事がありました。
それは母ちゃんも風邪や喘息で半分ボ~っとしながらの時だったので、正直さほど痛く感じなかったのも
幸いでしたが、これが正気の時なら痛みはすごかったと思います。
でも小力を叱る事はできませんでした。
小力も自分が何をしたのか理解ができていない様子でした。
分離不安もあるようです。

それからは他の仔らとも一緒に過ごさせてあげる事ができていません。
自分が1番に立とうとする行為、噛もうとする行為がまだなおせていません。

なので母ちゃんは小力を一緒に過ごす時間を必ず持つようにしています。
その時の小力はとても満足そうな顔をしています。
バリに入っていれば留守番だってちゃんとできます。

ただ「噛む」という事で身を守ろうとする事。「噛む」という遊びしか今までしてこなかっただろう事。
ありありと見えているから、多頭飼いは小力には向かないと思います。
向き合って信頼を築き上げる事にも時間がかかると思います。

ただ、こんな小力の状況をご理解していただける誰かがいるのなら・・・その時には小力をたくしたいと思って
います。
病気の事も、この事も全て・・・。

母ちゃんは小力の家族を探す事には一切の妥協はしません。
今までのどの仔達にもそうでしたが、
必ずその仔を必要としてくれる家族はいる。そう信じています。

たしかに、パグやフレンチのようにはいきません。
ブルはお金も時間もゆとりがないと迎える事はできない犬種だと思います。
実際、母ちゃんちはビンボー暇なし状態ですから、必要最低限の生活しかさせてあげられていません。
小力に手を差し伸べて下さる方々がいらっしゃるから、母ちゃんもそれに甘えさせてもらっています。

身体がきれいになった事、そして命が助かった事が母ちゃんにとって1番嬉しい事だから、

だから小力にはただただ幸せになってほしいと思う気持ちだけで、

小力の何もかもを認めてくれる家族と、そう思うだけです。

今のところ、母ちゃんが言える事、お願いできる事はこれだけです。
時間が経過する中でまた何か変化もあるかもしれません。

もう少しグチを言えるなら・・・

母ちゃんは小力をこんな風にした人間が心底憎い・・・
だから小力に最高の家族ができるまでは、母ちゃんが何としてでも小力を守る、それだけです・・・
2011.02.10 / Top↑
そして生活が不規則になる事や、わんずといる時間が圧倒的に減ることも。

わんずは毎日母ちゃんが家を空ける事を理解できるだろうか。
その後の生活をに、一緒にいる時間がなくなる事に不安を感じさせてしまわないか。
わんずには「誰もいない」という経験をさせた事がない、ならやっぱり・・・

考えなければならない事は山積みにある。

母ちゃんだけの気持ちで全てが狂ってしまわないだろうか・・・
反面、あの頃のように、「女だてら」にやってみたい気持ちもある。
この年齢になった今、こんな風に言ってもらえる、そしてあの頃の自分を覚えていてくれた人がいて
連絡をくれた事に。

少し時間を下さい。
そう言って帰って来たのですが、自分の納得のいくように、
そしてみんなの幸せを考えて、それを壊す事のないように・・・

じっくり考えていこうと思う母ちゃんです・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小力へ・・・

28日・長崎県T様よりフードいただきました。
ありがとうございます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2011.01.30 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。